出っ歯

出っ歯のことは矯正歯科では上顎前突(じょうがくぜんとつ)と呼んでいます。
出っ歯というと上の前歯が前に出ているというイメージが非常に強いと思います。実際その様な方もいますが、上のアゴ自体が前に出てしまっている状態、また上のアゴは正常でも下のアゴの成長が悪いために相対的に出っ歯の状態になっているという大きく分けると3タイプの出っ歯さんがいます。
原因として考えられるのは、遺伝(両親または祖父、祖母などから)・3歳以降の指しゃぶり・爪かみ・アデノイド(扁桃腺肥大)・舌癖・普段から口をあけている・口呼吸などが考えられます。
小さい頃の癖や習慣・遺伝によるものですが、出っ歯というのは一見歯はきれいに並んでいることが多く、お母様がたは「上の娘は歯並びがきれいなんです」といって見せていただくと出っ歯なことなど、一般のかたにはわかりづらい(子供のうちは)傾向があるため、上記に記した原因にあてはまることがあれば、一度矯正専門の歯科医院にご相談された方がいいかもしれません。

次回は出っ歯(上顎前突)の治療時期についてお話したいと思います。
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2006-09-26 10:25
<< 出っ歯(上顎前突)の治療時期 悪いくせって何? >>