最近の子供達のゲーム

 最近の子供たちがやっているゲームは本当にすごいと思う。ムシキング、恐竜キング、ドラゴンボール、デジタルモンスターなど、カードを集める楽しさと集めたカードをゲームの中で戦わせる楽しさ。自分が子供の頃にもしあったら確実にハマっていたに違いない。

 今日は前回、前々回の続きで反対咬合(受け口)についてお話します。

 上アゴの成長が悪いために受け口になっている場合のお話です。一般には受け口というと下アゴが出ていると思っている方が非常に多いですが、実際には上アゴの成長が悪いための受け口も多く見受けられます。原因としては、小さいころのうつぶせ寝や遺伝によるものが多いです。問題は、上アゴの成長自体が10歳で終わってしまうということです。このことから、根本的な治療を行なうには7、8歳からの治療が望ましいと考えられます。
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2006-10-04 15:32
<< 矯正治療の後戻りについて 運動会 >>