あやや 顎関節症

 昨日 芸能ニュースで松浦あやさんが顎関節症になってしまって、コンサートが中止になってしまったという話をききました。矯正治療をする方の中には、顎関節症を治したいという方や顎関節症の方が多くいます。
 
 日本顎関節学会では、症状や状態により顎関節症をⅠ型~Ⅴ型までに分類されています。
実際、矯正治療をしていて著しい出っ歯の方や開咬(前歯が開いて咬めない状態)の女性の方によく症状として、アゴの痛みや口のあけにくさなどの症状をお持ちの患者さんが多くいます。
 
 また、ストレスによる就寝時のくいしばりによっても同様の症状が一時的にでる場合があり、よく高校生や中学生の子供達が、テスト前などの朝起きた時にアゴが痛いとか、口があけにくいなどの症状がでます。

 痛みや口の開閉の障害が出る前に口をあけたときゴリッ、コッリっと音がするクリックという症状が起きることが一般的で、その症状がでたら矯正専門医や専門機関へご相談した方がいいと思います。
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2006-10-11 10:32
<< 専門医について 矯正治療の勘違い 1 >>