子供の歯並び

うちの子供たち、長男 小学校1年生 長女 1歳半 なのですが、ふたりとも恐ろしいぐらい歯並びが悪くなることが予想できます。長男はまだ乳歯のときから、下の前歯がねじれてはえてくるし、長女は前歯が反対で上の乳歯にガタガタがあります。

ただし、まだ治療をはじめることはしません。下の前歯が4本永久歯になり、上の前歯が2本くらい永久歯に生え変わったら、矯正治療をしようかと考えています。

よく相談で来院された、お母様がたに「先生うちの子はいつから矯正治療をはじめたらいいんですか?」ときかれることがあります。

多くの場合、私の子供と同じように「前歯が永久歯になってきてからがいいね」といっています。しかし、つい先日も4歳の子供さんが相談できて、アゴは左に曲がってしまっていて、口の中を見ると、前歯(乳歯)が完全に開いてしまっている状態(まったく咬めない状態)でした。

原因を探ると、著しい指しゃぶりと舌癖(前にブログで詳しく説明しています)が大きな原因ではないかと、考えられたため矯正治療を始める前にその癖を治す練習だけはじめることにしました。

自分に子供がいるので、よくわかるのですがその4歳のお子さんには、2歳ぐらいの弟君がいました。指しゃぶりは下に弟や妹ができると一時的にひどく出る場合があります。やはり母親に甘えたくなりそういう行動をとるようになるのでしょうか。うちの長男も指しゃぶりなど2歳ぐらいでやめていたのに、妹が生まれるとすぐにしばらく指しゃぶりをするようになっていました。

子供の歯並びは矯正しなくてもなおる場合やそれ以上ひどくならないようにすることができる場合などがあります。そのためにも癖や習慣等を気をつけることと、早めに矯正専門医への相談をおすすめします。
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2006-11-10 12:05
<< 気の早いクリスマス 矯正相談について >>