歯医者が増えすぎ!!

歯科医師の資質向上などを話し合う厚生労働省の検討会(座長=斎藤毅・日本大学名誉教授)は21日、2025年には歯科医師が必要数を約1万1000人上回るという推計をもとに、国家試験の合格基準の引き上げなどで、歯科医師数を抑制する必要があるとの見解を示した。

 総人口が減少するにもかかわらず、歯科医師数は毎年1500人のペースで増加しており、検討会は「歯科医師1人当たりの患者数が減少することで、質の低下を引き起こす」と指摘。その上で、国家試験合格者や、歯学部の定員の削減などについて、早急に検討するよう提言している。
(読売新聞) - 11月22日0時45分更新

という記事を読んで歯医者である私が感じること、私達が学生のころから言われ続けていることで当然予測できていたこと、数が増えればこそ専門的な知識お持ち他の歯科医院との差別化が必要になってくるのではないでしょうか。

患者さんは、医者は専門があることは理解していますが、歯医者は歯医者一人の先生が全部できると考えている方が多いようです。しかし、実際は小児歯科・矯正歯科・保存歯科(虫歯を治す)・補綴歯科(入れ歯)・口腔外科など専門的な分野に分かれて大学病院で学び、研究を行なっているのです。

私の友人がよく言っているように「餅は餅屋」

患者さんが良く考え自分の治療に必要な専門医を選ぶ時代になってくるのではないでしょうか
そうすることによって、質の高い治療が行なわれて行くと思います。

何でもそろっているコンビニは確かに便利ですが、専門的な道具や物は、専門店に行かなければならないのと同じではないでしょうか。
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2006-11-22 10:29
<< kizasi.jp 歯を削らない虫歯の治療って本当... >>