キシリトールについて

キシリトールとはどういったものなのかと思い調べてみましたので、今回はキシリトールについてお話したいと思います。

キシリトールとは、白樺やカシの木から抽出され、北欧では早くから甘味料として使用され、虫歯予防の研究も進んでいて、ガムなどに使って、予防効果をあげていました。日本では、ようやく1997年ごろから食品添加物として認可され、使われるようになったようです。甘味も砂糖と同等の甘味があります。
しかし、値段が砂糖の数倍と高価で、他の甘味料と合わせて使われることが、多いようです。

d0094133_1131109.jpg



<虫歯予防となる理由>

キシリトールは非発酵性でミュータンス菌の栄養素として利用できないので、砂糖のように、酸を作らないことから歯のカルシウムが抜け出さないことで虫歯になりにくいわけです。また虫歯の原因菌であるミュータンス菌の成長を妨げ働きを抑制します。
唾液中の燐酸カルシウムを安定させ歯からのCaの抜け出しを防ぎ歯の質を丈夫にします。

以上のような虫歯予防効果がキシリトールにはあるようですよ。
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2006-11-29 11:29
<< インビザラインについて 歯並びの本 >>