歯を白くする ホワイトニング

d0094133_11221351.jpg
d0094133_1122314.jpg


歯のホワイトニングの原理
ホワイトニングに使用する薬液は、ほとんど過酸化水素水もしくは過酸化尿素の酸化還元作用です。
過酸化水素水が分解して発生する極性のきわめて強い遊離活性酸素のフリーラジカルは、歯の着色分子の未飽和の二重結合にアタックして、着色分子の長い鎖を切断し低分子の無色の物質に変化すると共に、深層の着色部をマスキングします。そのため、結果として歯が白く見えるのです。

年齢とともに歯の黄ばみや黒ずみが気になってくることがあると思います。これらの多くの原因は食べ物、飲み物などに含まれる色素や汚れが歯にしみこんでしまっていることによるものです。(一本もしくは数本に限って黒くなってしまっている場合は違います)

基本的にはどんな歯でもご自身の歯(天然の歯牙)であれば白くすることができます。
上の写真は、当医院でオフィスホワイトニングを1回行なった状態の変化です。

個人差はありますが、3回行なえば真っ白という状態になります。

都内の歯科医院のホワイトニングの値段を見ると1回 約5万円程度でそれを3回行なうというものが多いです。

当医院のような矯正専門医で行なっているホワイトニングは、使用している薬剤、装置は都内でおこなっているものと同じでも、1回 1万5000円~2万円程度です。

基本的には矯正治療を終了されたかたにホワイトニングを行なっているのですが、最近は矯正治療の患者さんの紹介で、ホワイトニングでけの治療の方も非常に増えてきております。

当医院では矯正治療もそうですが、ホワイトニングに関しても、いきなり治療は行ないません。

きちんと説明させていただき納得していただいた上でしか治療は行ないません。

まずはご相談でお願いしています。
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2006-12-03 11:40
<< デーモンシステムについて 浦和レッズ初優勝 >>