グローバルスタンダード(世界基準)

日本はいろいろな面で、優れている国だと感じることが多いが、こと歯のことになるとグローバルスタンダードから大きく遅れをとっています。
じゃあ、歯並びにおけるグローバル・スタンダードというと…? やっぱり、キレイにアーチを描いて整った歯並び。でも、日本でそれが意識されだしたのは、意外に最近のことなのかもしれません。

「八重歯」―正面の歯から奥に向かって3本目にある先の尖った犬歯(けんし)が歯列からはみ出している状態のことで、八重歯があることで食べもののカスが詰まりやすくなったり、歯みがきがしづらくなってむし歯や歯周病になりやすくなったり、果ては咬み合わせを狂わせたりと、先の世界標準からいうと、かなりの“問題な歯”でも、なぜか日本では、つい20年ほど前まで「八重歯=チャームポイント」とされてきたわけです。

よく言われることですが、世界的に見て八重歯が可愛いというのは、恐らくは日本だけ。欧米では「ドラキュラの歯」とか「魔女の歯」、中国でも「虎の歯」として忌み嫌われてきた「乱ぐい歯」の一種なんですね。

また、歯に関する知識が少なすぎる気がします。
もちろんそれは私達、矯正医や歯医者さん達の努力不足もあるでしょう。
どうしても、歯医者は怖い!!、行きたくない!!、痛くないからまだいいや!!
というイメージが強いようですね

最近は一流のスポーツ選手でも、矯正装置をつけている方をよく目にします。
フィギアスケートで真央ちゃんに勝った、キム・ヨナ選手やマラソンでQちゃんに勝った土佐選手、野球選手でいえば、ヤクルトの青木選手(今年は200安打できなかったけど)などです。

矯正治療は運動していてもできることや、成績がよくなっていることが多いこと、海外では、昔からいわれていましたし、矯正治療をしていること自体は「良いこと」の代名詞

しかし、日本ではいまだに悪いイメージが方が多い

少しずつ変わってきているようですが、やはりグローバルスタンダードからは随分遅れていますねー。
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2006-12-24 15:31
<< あけましておめでとうございます 矯正治療とお餅 >>