ムーシールド

先日、3才のお子さんを連れたお母様が矯正相談で来院されました。
基本的にうちでは、早期治療は行ないますが、3才や4才のお子さんについては、明らかな
骨格性の不正がないかぎり、治療は行ないません。
理由としては、大きく分けて二つ
早く治療を始めることで早く治療が終わるのであればいいのですが、矯正治療は最終的に永久歯が生えそろう12才~13才ぐらいまではそのお子さんの歯並びが完成したとはいえないため、治療は非常にながくなること。
もう1つは、あまりに小さいうちから治療をはじめることで、一番装置を使って欲しい時期に装置を使わなくなってしまうことがあるためです。

そのお母様にもその様に説明させていただいたところ、違う歯医者さんにムーシールドという装置をすすめられ、セカンドオピニオンとしてうちに来院されたということでした。

ムーシールドとは

d0094133_115761.jpg


3才~4才ぐらいのお子さんに使用する装置で、反対のかみ合わせをなおす装置です。
機能としては、「上口唇圧を排除し、口唇圧のバランスを整える。低位舌を改善し、高位で機能させ、逆被蓋の改善を促す。」というものです。

この装置が効くか、効かないかについてですが、ご自分のお子さん(3才ぐらい)がこの装置を毎日使えますか?「やだー苦しいから使いたくないー」といっても使いなさいといいますか。

使えば一時的に反対のかみ合わせはなおるでしょう。

しかし、反対の原因が唇の圧や舌のせいであった場合です。

遺伝によって骨格的に反対の場合に使用しても一時的によくなることはあっても、成長にともないしだいに反対に戻っていくでしょう。

その戻ってしまうかもしれない、お子さんが使用できないかもしれない装置に4万円ぐらいする装置を使いますか。(相談に来たお母様が4万円ぐらいと言っていました。実際は分かりません)

私自身の結論、6才の長男(少し出っ歯の傾向あり)、1才半(少し反対の傾向あり)の父親としての意見、効くか、効かないか分からないもので、子供達に負担をかけたくない。

矯正医としての意見、将来的に矯正治療をあまりさせたくない(金銭的な理由や見た目の問題を含め)という方で、とりあえず早い段階で治しておきたいというのならばよいのではないでしょうか。

ただ、矯正専門医の意見を一度聞いてください。そのお子さんによって治療の方法は、違います。反対のかみ合わせの子がすべてこの装置で治るとは思わないでください。


やまぐち矯正歯科クリニック
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2007-01-26 11:33
<< 矯正治療を成功させるために!! 矯正治療の治療費について >>