セラミックによる治療と矯正治療の違い

これも、よく相談されることなのですが、「審美歯科による治療って早く終わるんですよねー」と聞かれることが多くあります。

確かに、矯正治療に比べれば、早く終わりますし治療が長くかかってしまうということが、矯正治療の一番の弱点&デメリットですからね

しかし、審美歯科の治療をする場合にもそれなりの知識をつけておく必要があります。

d0094133_16183798.jpg


上の写真は審美歯科の治療で前歯を治療するために削った歯です。

自分の歯の神経を抜きここまで小さく削ってから、きれいな人工(セラミックなど)の歯をかぶせるのです。

芸能人の多くはこの方法で真っ白な歯にしていますね。 外したらどんな顔になってしまうんでしょう。


審美歯科の治療のデメリットはここです。自分の歯の寿命を短くしてしまう可能性があることです。

しかし、矯正治療のように年単位の治療期間がかかるはずもなく、数週間の治療期間できれいな歯を手に入れることができます。

私は矯正専門医ですが、特に審美歯科が悪いとは思っていません。

しかし、これだけ小さく削り神経を抜いてしまった場合、自分の歯ではないとはいえ、管理をしっかりする必要があると思います。矯正治療の場合には、治療中の歯磨きが非常に重要ですが、審美歯科で治療した場合、治療後のメインテナンスを気をつける必要がありますね。


                           さいたま市南区南浦和 矯正専門医
                             やまぐち矯正歯科クリニック
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2007-02-25 16:28
<< 日本とアメリカの矯正治療の違い 日本臨床矯正歯科医会 >>