子供のアゴの大きさ

先日 テレビを見ていると、外国の家族が日本にホームステイをするという番組があり見ていると、その家族のお母さんが最後に料理を作って日本人に食べさせていました。
骨付きの鶏肉とお芋などをココナツミルクで煮たような料理でしたが、それをみんなで食べているとき、その方が「日本の食事は柔らかすぎる。私達は鶏肉の骨も食べる」といって骨をバリバリ食べていました。

確かにみんなアゴがしっかりしていて小さい子供達の歯並びをきれいでした。

私自身、現在食べている食事が柔らかすぎると感じたことはありませんが、やはり本来人間が食べるべきものにしては、日本人の食生活は豊かになり加工されたものが多いのかも知れませんね。

最近、当医院に来院される患者さんもアゴが小さく歯並びがガタガタの子供達が非常に増えています。

小さいうちからなるべく硬いものを食べさせて、アゴの発育を良くすることが必要でしょう。

                          さいたま市 矯正専門医
                         やまぐち矯正歯科クリニック
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2007-04-25 15:52
<< E-ライン(エステティックライ... 子供の矯正治療の時期 >>