ドラッグ・ラグって知ってますか?

ドラッグ・ラグとは、他国で開発され認可された薬が日本で使用できるまでに時間がかかること

実際には3.8年ほどかかっているそうです。

アメリカの1.4年に比べると相当時間がかかっていますね。

このドラッグ・ラグによって救えていたであろう、患者さんの命 失ってしまっている現実があります。

確かに、他国で認められていても安全性が確保されているとは限らないかもしれません。

危険なものもあるかもしれません。

なんでもかんでも認めればいいというものではないとこはわかっています。

しかし、患者さんの親御さん、もしくは患者さんのお子さんにとっては、助かるかもしれない可能性があるのに、あきらめなくていけないほど悲しく、悔しいことはないはずです。

安全で効果のある薬をいち早く取り入れられるような、環境を作ってもらいたいですね
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2007-11-07 12:50
<< 混合診療について インド式計算法って >>