<   2007年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

スピード矯正って何?パートⅠ

たまに、矯正治療が3ヶ月~6ヶ月で終わるって広告もしくは看板を都内などで見かけたことはありませんか?

通常、矯正治療は1.5年~3年と治療期間が長いのがネックなのになんででしょう?

このスピード矯正には、手術が必要になるのです。手術をすることによって治療期間を通常の1/2~1/4に短縮して行う方法なのです。

次回はその手術の詳細とデメリットについてご説明します。


                       さいたま市南区南浦和 矯正専門医
                       やまぐち矯正歯科クリニック
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2007-02-28 19:12

ホワイトニングとクリーニングの違い 料金

ホワイトニングについては、前に詳しく説明させていただいているので省略させていただきますが、歯自体の色を白くする方法です。
クリーニングに関しては、色々な方法がありますが、茶渋、ヤニなど通常の歯磨きでは落としきれない汚れをきれいにし、またつきにくいように磨くことをいいます。

当医院にもホワイトニングについてのご相談のお電話を数多くいただきますが、皆さんが気になっているのは、当然値段のことが一番みたいですね。

ちなみに当医院は矯正専門医のため、治療後の成人の患者さんにホワイトニングをするためにホワイトニングのシステムを導入しているため、1回5万円~10万円などという料金は必要ありません。

もちろん、ホワイトニングのみの患者さんもいますが、1回の料金が1万5000円+消費税です。(方法により多少違いはあります)

ご相談にいらしゃる患者さんの中には、クリーニングのみできれーになってしまうのに、ホワイトニングをしなくてはいけないと考えている方もいらしゃいます。
クリーニングだけであれば、通常1回3000円+消費税(範囲により多少違いはあります)ぐらいできれいになります。

みなさん、ホワイトニングには抵抗があるという方でもきちんとしたクリーニングを定期的におこなった方がいいかもしれませんね。


                       さいたま市南区南浦和 矯正専門医
                        やまぐち矯正歯科クリニック
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2007-02-28 17:57

日本とアメリカの矯正治療の違い

前にも日本人とアメリカ人とで矯正治療に関する意識の違いについて書いたのですが、先日ご相談に来た患者さんのお母さんとお話していて感じたことを書かせていただきたいと思います。

私が考えでは、最近は日本人でも矯正治療をされているお子さんは非常に増えてきていると考えていました。ご相談にくるお母様自体が、子供のころ矯正治療をされていた方や矯正をしたかったけどできなかったから、自分の子供にはさせたいという方が多いからです。人数自体も多いのではないかと思いますし、治療費自体も昔ほどかからなくなってきていることもあるかもしれません。

しかし、ご相談に来たお母様が言われていたのは「まだまだ日本では、治療をしているお子さんが少ないから、矯正装置をつけていていじめられたりしないでしょうか?」「装置をつけないで治すことができないでしょうか?」ということでした。

実際、その患者さんは7歳という年齢ですから、取り外しのできる装置で治療を開始することとなりましたが、やはり日本ではまだまだ、矯正治療に関してはいじめの対象になるようなイメージなのでしょうか?

私自身は小学校4年生ぐらいから矯正治療をして、昔なので、は銀色の大きい装置つけていましたが、いじめられて思い出はまったくないのですが・・・・・・

テレビや映画などでも、日本では、矯正装置をつけているのは犯罪者の役だったりしますもんね!

アメリカでは、矯正治療が最先端な治療を行なっているようにおもわれがちですが、実際はどうなのでしょう。
最先端の治療の発信はアメリカですが、アメリカでは子供に矯正治療をさせていること自体が親のステータスになっているため、目立つ銀色の装置をいまだにつけている子供達が多いそうです。また、ヘッドギアという口の外に出る装置を家の外でも使用したりもします。

日本では、透明な装置や、見えにくい装置、見えない舌側装置が多くなっていますね!

皆さんの矯正装置に関する意見をお聞かせください。

                    さいたま市南区南浦和 矯正専門医
                   やまぐち矯正歯科クリニック
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2007-02-27 16:07

セラミックによる治療と矯正治療の違い

これも、よく相談されることなのですが、「審美歯科による治療って早く終わるんですよねー」と聞かれることが多くあります。

確かに、矯正治療に比べれば、早く終わりますし治療が長くかかってしまうということが、矯正治療の一番の弱点&デメリットですからね

しかし、審美歯科の治療をする場合にもそれなりの知識をつけておく必要があります。

d0094133_16183798.jpg


上の写真は審美歯科の治療で前歯を治療するために削った歯です。

自分の歯の神経を抜きここまで小さく削ってから、きれいな人工(セラミックなど)の歯をかぶせるのです。

芸能人の多くはこの方法で真っ白な歯にしていますね。 外したらどんな顔になってしまうんでしょう。


審美歯科の治療のデメリットはここです。自分の歯の寿命を短くしてしまう可能性があることです。

しかし、矯正治療のように年単位の治療期間がかかるはずもなく、数週間の治療期間できれいな歯を手に入れることができます。

私は矯正専門医ですが、特に審美歯科が悪いとは思っていません。

しかし、これだけ小さく削り神経を抜いてしまった場合、自分の歯ではないとはいえ、管理をしっかりする必要があると思います。矯正治療の場合には、治療中の歯磨きが非常に重要ですが、審美歯科で治療した場合、治療後のメインテナンスを気をつける必要がありますね。


                           さいたま市南区南浦和 矯正専門医
                             やまぐち矯正歯科クリニック
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2007-02-25 16:28

日本臨床矯正歯科医会

2月21日に日本臨床矯正歯科医会の例会が行われました。

13時から総会が行われ、15:30からの特別講演(17:00まで)聞くつもりでした。

矯正歯科の学会は数多くありますが、日本臨床矯正歯科医会のいいところは医会ということで矯正専門医しかは入ることができないということと、講演内容が非常に興味深いものが多く、矯正治療に関しての講演だけではないということです。

友人や後輩もいて講演を聞いたら食事にでもいきたいなーと思っていたのですが、長男の誕生日のため18:00には南浦和に帰る約束をしてしまいました。
また、聞きたかった講演も、総会が長引き16:00近くまでかかってしまったため、聞くことができませんでした。残念です。

矯正専門医を探すならば、日本臨床矯正歯科医会のホームページも見てみてください。

http://www.orthod.or.jp/



                       さいたま市南区南浦和矯正専門医
                          やまぐち矯正歯科クリニック
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2007-02-23 10:42

歯が足りない子供達

最近の子供たちは、永久歯が先天的にたりない子が非常に多く、当医院でも何人かいらしゃいます。

先天性欠如は病気ではなく、歯の形成異常の1つ。生まれつき歯の数が足りないため、生えてくるはずの歯が生えてこない異常で、乳歯にも永久歯にも見られる。
  「先天性欠如の原因はよく分かっていませんが、進化の過程における退化現象とみられています。このほか、遺伝的要因や内分泌疾患などの関与も考えられています」

乳歯が先天的に足りない場合、その場所に生えるはずの永久歯も二分の一の確立でないことが多いそうです。

永久歯のみがない場合は、可能なかぎり乳歯を残してあげたいと思いますが、乳歯は永久歯に比べると根っこも短く、柔らかいため虫歯になりやすく、抜かなければいけなくなってしまうことが多いのです。
結果、本格的な矯正治療の必要がでてきてしまいます。

乳歯は抜けるから大丈夫などとは、思わずに虫歯は作らないようにしてください。


                     埼玉県さいたま市南区 矯正専門医
                     やまぐち矯正歯科クリニック
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2007-02-16 18:59

プレゼント

d0094133_11385550.jpg


14日の妻の誕生日にプレゼントを何しようか、迷い結局、花を買って行くことにしました。
息子と相談し、赤いバラを年齢の本数だけ買うことにしました。

数えると何歳だか分かってしまいますなーーーー

本当はチューリップが好きなので、チューリップを買っていこうと思ったのですが
花屋さんに、いいバラだからと勧められ 私が見てもきれいだと思ったので、バラにしてしまいました。

カンツォーネという種類のバラだそうです。

きれいでしょ!!
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2007-02-16 11:38

アントクアリウム

d0094133_16181592.jpg


とうとう、アントクアリウムにありを入れることができました。
昨日、お昼休みに娘と散歩していてありを見つけていれてみました。

早速今日には、穴をほりだして巣をつくりはじめていました。

3匹しか入れてないのですが、頑張って大きい巣を作ってください。
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2007-02-14 16:18

バレンタインデー

今日はバレンタインデーですね

通常は、チョコをもらう日なのでしょうが、うちではちょっと違います。
なぜなら、妻の誕生日だからなのです。しかし忙しくてプレゼントを買いに行く暇がありません。
明日は休診日なので、明日でも許してくれるかなーーー

さらに来週は長男の誕生日、2月は友人の誕生日も多い 大変だーーー

それとやっと21日で7歳になる長男の矯正治療を開始することにしました。
その治療経過はまたご報告させていただきます。
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2007-02-14 15:47

セカンドオピニオン

セカンド・オピニオンとは、直訳すれば、第二の意見ということです。具体的には、診断や治療方針について主治医以外の医師の意見をいいます。

 「矯正治療をすすめられたけど、どうしよう」。重大な決断をしなければならないとき、他の専門医に相談したいと思うのは当然のことです。セカンド・オピニオンは、日本ではまだ普及していないため「主治医に失礼になるのでは」と思われがちでしょうが、その心配はまったくいりません。インフォームド・コンセント(説明と同意)という考え方を分かっている医師でしたら治療法を決定するのは患者や家族であることを十分に認識しているからです。
 医師からインフォーム(説明)を受けても、情報も知識もない患者や家族にとっては治療法の決定をできなかったり、不安を覚える場合もあります。だから知識を持っている人=専門医に相談し、意見を聞きたいということになるわけです。これは至極当然な過程です。つまり、インフォームド・コンセントと、セカンド・オピニオンは車の「両輪」なのです。

矯正治療の場合特に、治療方法や方針に専門医の中でも意見が分かれることが多く、例えば抜歯をする治療しない治療や、使う装置の違いなどいろいろあります。

何件も相談をしてかえってどの先生がいってることが、正しいか分からなくなってしまう方もいるようです。

基本的には、どの先生がいってることが正解で、どの先生がいってることが不正解ではないのです。ゴールは一緒なのですが、そのための過程に違いがあり、その違いが大きい違いになってしまっているのです。

いろいろな先生の話をよく聞いて、一番納得できる、また自分が望む方法を見つけ出してください。矯正治療は年単位での先生とのお付き合いになっていきます。聞きたいことは、必ず聞くようにしてください。

当医院では、矯正治療をされている方のセカンドオピニオンも無料で行っています。
現在治療していただいている主治医の先生には、聞きにくいことなど、ご相談があればお気軽にどうぞ。

               埼玉県さいたま市南区 矯正専門医
               やまぐち矯正歯科クリニック
                                   
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2007-02-14 12:18