<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

サ行が言えない!!

d0094133_1646897.jpg


“アッキーナ”の愛称で知られるグラビアアイドルの南明奈が22日(土)、都内で行われたネット配信ドラマ『うさぎたちのもちつき』のトークイベントを共演した杉浦太陽らと開催した。撮影中に“下積み”という言葉がなかなか言えず苦労したという南は「滑舌が悪いのでサ行が言えない。文章の中に(サ行の単語が)入ると言えないんです」と悩みを明かした。

という記事がありましたが、

これは、最近のお子さんに非常に多いのですが、タングスラストという悪い癖が原因だと考えられます。

小さいうちだと「かわいい」はなし方に聞こえますが、大人になってもその話し方だと、舌足らずなしゃべり方、悪い言い方ですが、少し馬鹿っぽいような話し方となってしまいます。

滑舌が悪いといっていますが、小さいうち(10歳ぐらい)までに治さないと、中々治すことが難しい癖のひとつです。

正しい発音をさせるためには、小さいうちからのお母様・お父様との正しい発音での会話が一番重要となってきます。

            さいたま市矯正歯科専門医 やまぐち矯正歯科クリニック
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2008-03-23 16:56

リテーナーいつまでつければいいの?

d0094133_11264844.jpg


最近はすっかり暖かくなり、春らしくなってきましたね。

今年は花粉が多く花粉症の方にとっては目がかゆく、鼻はぐずぐず大変です。

さて、今日はリテーナー(保定装置)の重要性についてお話したいと思います。

矯正治療をした場合、歯並びはきれいになります。

当たり前のことですが、せっかく高いお金と時間をかけて治した歯並びを一生保ちたいですよね。

しかし、「矯正治療をしたのに、歯並びが戻ってしまった。がたがたになってきてしまった。
矯正治療は意味がない」なんて言っている人がいますが、矯正専門医がきちんと行った治療であり、リテーナーを決められた時間使用していれば、そんなことは起きません。

矯正治療は歯を動かします。びっくりするぐらいがたがたの歯でもきちんと並びます。

並びますが、そのまま(装置を外したまま)にしておけば歯は元の位置に戻りたがります。

でも、装置は外したい(見た目・歯磨きのため)そのために歯が安定し元の位置に戻らなくなるまで使用するのが、リテーナー(保定装置)です。

リテーナーは矯正装置除去後すぐに使用を開始し、最低6ヶ月間は一日中(食事以外)使用します。その後は夜間のみの使用へと移行していきます。最低矯正装置が装着されていた期間は使用したほうがいいでしょう。徐々に装置の使用を減らし、たまに装着して装置が入るようならば戻っていないというように、ご自身での確認に利用していただくようにしていきます。

問題は最初の6ヶ月間です。中学生、高校生ぐらいのお子さん達は装置が外れたことがうれしくまた、装置がついていない状態を友達に見せたいため、さぼってしまう傾向が強くその際の影響で、装置の使用を夜間のみにした際に安定が悪い歯が戻ってきてしまいます。

成人の方でも、使用が悪い人は戻ってきます。

リテーナーの必要性・重要性を十分理解し、せっかくてにいれたきれいな歯並びを一生保ってください。


                  さいたま市矯正歯科専門医 やまぐち矯正歯科クリニック
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2008-03-18 11:26

昨日のスマステーションを見ましたか?

昨日、スマステーションで、最新の治療方法ということで、矯正治療に関係する話題が2つ
ピックアップされていました。

1つは、クリアライナー(見えにくく取り外しのできる矯正装置)

現在、成人の矯正治療で取り外しができるものは、3つあります。

クリアライナー インビザライン アクアシステム 

すべて基本的には、同じような材質(透明な装置)です。

テレビを見ていて気になったことがあります。テレビにでていた渡辺先生はきっともっと細かく説明されていたはずです。しかし、大事な部分はカットされているのではと感じました。

目立たない、取り外しができることが、説明として先行していて、その治療だけで治せる人が少ないことにはあまり触れられていないのです。
渡辺先生の説明でもナレーションでも、すべての人が治せるわけではないことを言ってはいましたが、テレビを見た人は勘違いするようなものでした。

2つめは、ムーシールドについてです。

乳歯列時 3歳から5歳ぐらいの反対咬合を治す装置です。

これについても、すべての反対咬合(受け口)が治るような説明でしたが、あの説明では誤解するかたが大勢いるでしょう。その後の成長などについてはまったく触れていませんでした。

やはり、テレビというものは見ている人に興味をもつように作る必要があるのでしょうが、そのために大切な説明が抜けすぎている気がします。


                さいたま市矯正専門医 やまぐち矯正歯科クリニック
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2008-03-02 13:01