タグ:矯正治療 ( 20 ) タグの人気記事

日本とアメリカの矯正治療の違い

前にも日本人とアメリカ人とで矯正治療に関する意識の違いについて書いたのですが、先日ご相談に来た患者さんのお母さんとお話していて感じたことを書かせていただきたいと思います。

私が考えでは、最近は日本人でも矯正治療をされているお子さんは非常に増えてきていると考えていました。ご相談にくるお母様自体が、子供のころ矯正治療をされていた方や矯正をしたかったけどできなかったから、自分の子供にはさせたいという方が多いからです。人数自体も多いのではないかと思いますし、治療費自体も昔ほどかからなくなってきていることもあるかもしれません。

しかし、ご相談に来たお母様が言われていたのは「まだまだ日本では、治療をしているお子さんが少ないから、矯正装置をつけていていじめられたりしないでしょうか?」「装置をつけないで治すことができないでしょうか?」ということでした。

実際、その患者さんは7歳という年齢ですから、取り外しのできる装置で治療を開始することとなりましたが、やはり日本ではまだまだ、矯正治療に関してはいじめの対象になるようなイメージなのでしょうか?

私自身は小学校4年生ぐらいから矯正治療をして、昔なので、は銀色の大きい装置つけていましたが、いじめられて思い出はまったくないのですが・・・・・・

テレビや映画などでも、日本では、矯正装置をつけているのは犯罪者の役だったりしますもんね!

アメリカでは、矯正治療が最先端な治療を行なっているようにおもわれがちですが、実際はどうなのでしょう。
最先端の治療の発信はアメリカですが、アメリカでは子供に矯正治療をさせていること自体が親のステータスになっているため、目立つ銀色の装置をいまだにつけている子供達が多いそうです。また、ヘッドギアという口の外に出る装置を家の外でも使用したりもします。

日本では、透明な装置や、見えにくい装置、見えない舌側装置が多くなっていますね!

皆さんの矯正装置に関する意見をお聞かせください。

                    さいたま市南区南浦和 矯正専門医
                   やまぐち矯正歯科クリニック
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2007-02-27 16:07

歯が足りない子供達

最近の子供たちは、永久歯が先天的にたりない子が非常に多く、当医院でも何人かいらしゃいます。

先天性欠如は病気ではなく、歯の形成異常の1つ。生まれつき歯の数が足りないため、生えてくるはずの歯が生えてこない異常で、乳歯にも永久歯にも見られる。
  「先天性欠如の原因はよく分かっていませんが、進化の過程における退化現象とみられています。このほか、遺伝的要因や内分泌疾患などの関与も考えられています」

乳歯が先天的に足りない場合、その場所に生えるはずの永久歯も二分の一の確立でないことが多いそうです。

永久歯のみがない場合は、可能なかぎり乳歯を残してあげたいと思いますが、乳歯は永久歯に比べると根っこも短く、柔らかいため虫歯になりやすく、抜かなければいけなくなってしまうことが多いのです。
結果、本格的な矯正治療の必要がでてきてしまいます。

乳歯は抜けるから大丈夫などとは、思わずに虫歯は作らないようにしてください。


                     埼玉県さいたま市南区 矯正専門医
                     やまぐち矯正歯科クリニック
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2007-02-16 18:59

セカンドオピニオン

セカンド・オピニオンとは、直訳すれば、第二の意見ということです。具体的には、診断や治療方針について主治医以外の医師の意見をいいます。

 「矯正治療をすすめられたけど、どうしよう」。重大な決断をしなければならないとき、他の専門医に相談したいと思うのは当然のことです。セカンド・オピニオンは、日本ではまだ普及していないため「主治医に失礼になるのでは」と思われがちでしょうが、その心配はまったくいりません。インフォームド・コンセント(説明と同意)という考え方を分かっている医師でしたら治療法を決定するのは患者や家族であることを十分に認識しているからです。
 医師からインフォーム(説明)を受けても、情報も知識もない患者や家族にとっては治療法の決定をできなかったり、不安を覚える場合もあります。だから知識を持っている人=専門医に相談し、意見を聞きたいということになるわけです。これは至極当然な過程です。つまり、インフォームド・コンセントと、セカンド・オピニオンは車の「両輪」なのです。

矯正治療の場合特に、治療方法や方針に専門医の中でも意見が分かれることが多く、例えば抜歯をする治療しない治療や、使う装置の違いなどいろいろあります。

何件も相談をしてかえってどの先生がいってることが、正しいか分からなくなってしまう方もいるようです。

基本的には、どの先生がいってることが正解で、どの先生がいってることが不正解ではないのです。ゴールは一緒なのですが、そのための過程に違いがあり、その違いが大きい違いになってしまっているのです。

いろいろな先生の話をよく聞いて、一番納得できる、また自分が望む方法を見つけ出してください。矯正治療は年単位での先生とのお付き合いになっていきます。聞きたいことは、必ず聞くようにしてください。

当医院では、矯正治療をされている方のセカンドオピニオンも無料で行っています。
現在治療していただいている主治医の先生には、聞きにくいことなど、ご相談があればお気軽にどうぞ。

               埼玉県さいたま市南区 矯正専門医
               やまぐち矯正歯科クリニック
                                   
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2007-02-14 12:18

矯正治療の歯磨き


歯がガタガタだと歯ブラシがしにくいですよね!
「じゃ歯並びを治しましょう」っていいますけど
矯正装置がついたらなおさら磨きにくくなるじゃない!
その通り、矯正装置をつけると歯ブラシは大変です。ワイヤーの下、装置の間は磨くにくいし歯ブラシもすぐにぼさぼさになってしまいます。

歯磨きにかかる時間も約10分~15分(きちんと磨いた場合)

しかし、歯並びがいくらきれいになっても虫歯だらけでは困ります。

しっかり磨いて健康な歯できれいな歯並びを目指しましょう!

また、矯正歯科では治療中の患者さんが虫歯にならないための努力も怠りません。
PMTC(プロフェショナル・メカニカル・テゥース・クリーニング)やフッ素などを行って極力虫歯にならない状況にしていますが、一番大切なのは毎日の歯磨きや洗口剤の使用です。

洗口剤(リステリンなど)も最近では色々あり、小さいお子さんでも使用できる薄めて使うタイプの物や刺激の少ないものが多く出ています。

健康な口腔環境での矯正治療を行ないましょう。

さいたま市南区南浦和 矯正専門医

やまぐち矯正歯科クリニック
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2007-02-02 15:02

矯正治療の治療費について


矯正治療で保険がきく場合は前にもお話したとおり、顎変形症(手術を併用した矯正治療を行う)場合と先天的な疾患がある場合のみです。

矯正治療の費用に関して、基本的に自費診療となります。ということは、歯科医院によって治療費が違うということです。

治療費の払い方なども色々あります。

本格的な成人の矯正治療の場合

検査料・診断料 

別々に請求する場合と両方で請求される場合がありますが、トータルで約3万円~6万円

1.最初に80万~100万円を分割もしくは一括で支払いそれ以外は費用がかからない

2.最初に約60万を分割もしくは一括で支払いそれ以外に毎月3000円~5000円の処置料を支払う場合

3.最初に20万~30万を一括で支払いその後毎月2万円ぐらいの処置料を支払う


など色々です。

決まりはないのですが、都内の矯正歯科であれば、やはり現在でも100万円~1300万円ぐらいはトータルでかかるのではないでしょうか

埼玉・千葉などの関東県内の矯正歯科であれば、トータルで約80万円前後だと考えられます。
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2007-01-24 18:27

歯を抜く矯正と抜かない矯正治療

以前にもこのブログでかいたのですが、もう一度書かせていただきます。

歯を抜く矯正治療と抜かない矯正治療の違い

1.どちらの治療が技術的に難しいか

矯正専門医(矯正治療の治療数が多いドクター)にとっては、抜歯をしない治療のほうが技術的には、難しいのではないでしょうか。抜歯をせずにいかに口元が出ないように治療するかを考えるからです。

矯正の経験が少ないもしくはないドクターにとっては、抜歯することは、非常に怖く、非抜歯で治すことの方が容易であると考えるようです。

結論は、専門医が3人いて3人とも「歯を抜かずに治しましょう」という状態であれば、非抜歯の方が容易ですが、1人でも「抜歯しましょう」というような場合、非抜歯の方が難しい治療である可能性があります。

2.治療する前に抜歯するかしないかの決断に必要なこと

抜歯をしたら、どうなるのか?抜歯をしなければどうなるのか?を理解することです。
最近相談メールで最も多いのが、「矯正治療をはじめて1年になります。歯を抜かずに治療をしたのですが、口元がでてきたため歯を抜こうかどうか迷っています。」というメールです。

抜くのが、悪 抜かないのが、善 ではないのです。

抜く場合、4本もしくは2本自分の歯を抜くことがデメリットしかしその結果、きれいな歯並びときれいな口元を手に入れることができるのです。

抜かない場合、歯を抜かないのがメリットしかし、口元が出てしまうという大きなデメリットがあるのです。これは、治療前の検査の段階で必ず予測できるものです。

歯を抜いて顔が貧相になってしまった。という話をする方がいます。
もちろん、抜歯をする必要がないのに(もともと口元が下がっている場合など)抜歯をすれば、口元が下がりすぎてその様な状態になってしまうこともあるでしょう。

また、お子さんの歯並びを気になさっているお母様方に聞いていただきたいのは、早期治療(6歳~10歳)をすることで抜歯をしないで、口元も出ずに治すことができる場合が多くあります。相談にだけでも、矯正専門医にいってみてはどうでしょう。無料で相談を行っているところが非常に多くなってきています。お子さんのためです、2、3箇所専門医をまわっていろいろな情報を集めてみるのもいいかもしれません。
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2007-01-16 11:42

矯正装置と楽器

矯正治療を始めると楽器が吹けなくなる!!なんて思っていませんか?

矯正装置をつけていても、楽器、フルート、トランペットなんでも演奏できます。

矯正装置をつける前に楽器を始めていた人は、なれるまでに少し苦労するようですが、特に問題はないようです。

また、楽器を演奏するために、矯正装置をカバーできる取り外しのできるものもあります。

ただし、上顎前突(出っ歯)や開咬(奥歯で噛んだとき前歯が開いている)の治療の場合、シングルリード楽器(クラリネット等)では、歯を動かす力と逆の方向に力がかかるので、治療がうまくいかなかったり治療が長びく可能性が考えられます。歯並びの程度や矯正力の大きさ、演奏時間にもよりますので、担当の矯正歯科医に相談してください。
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2007-01-09 12:57

グローバルスタンダード(世界基準)

日本はいろいろな面で、優れている国だと感じることが多いが、こと歯のことになるとグローバルスタンダードから大きく遅れをとっています。
じゃあ、歯並びにおけるグローバル・スタンダードというと…? やっぱり、キレイにアーチを描いて整った歯並び。でも、日本でそれが意識されだしたのは、意外に最近のことなのかもしれません。

「八重歯」―正面の歯から奥に向かって3本目にある先の尖った犬歯(けんし)が歯列からはみ出している状態のことで、八重歯があることで食べもののカスが詰まりやすくなったり、歯みがきがしづらくなってむし歯や歯周病になりやすくなったり、果ては咬み合わせを狂わせたりと、先の世界標準からいうと、かなりの“問題な歯”でも、なぜか日本では、つい20年ほど前まで「八重歯=チャームポイント」とされてきたわけです。

よく言われることですが、世界的に見て八重歯が可愛いというのは、恐らくは日本だけ。欧米では「ドラキュラの歯」とか「魔女の歯」、中国でも「虎の歯」として忌み嫌われてきた「乱ぐい歯」の一種なんですね。

また、歯に関する知識が少なすぎる気がします。
もちろんそれは私達、矯正医や歯医者さん達の努力不足もあるでしょう。
どうしても、歯医者は怖い!!、行きたくない!!、痛くないからまだいいや!!
というイメージが強いようですね

最近は一流のスポーツ選手でも、矯正装置をつけている方をよく目にします。
フィギアスケートで真央ちゃんに勝った、キム・ヨナ選手やマラソンでQちゃんに勝った土佐選手、野球選手でいえば、ヤクルトの青木選手(今年は200安打できなかったけど)などです。

矯正治療は運動していてもできることや、成績がよくなっていることが多いこと、海外では、昔からいわれていましたし、矯正治療をしていること自体は「良いこと」の代名詞

しかし、日本ではいまだに悪いイメージが方が多い

少しずつ変わってきているようですが、やはりグローバルスタンダードからは随分遅れていますねー。
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2006-12-24 15:31

矯正治療とお餅

もう年末ですねー、クリスマスがきて、私の誕生日(12月31日)が着たら、あっという間にお正月です。
矯正治療をしている患者さんにこの時期必ずきかれるのが、「お正月にお餅を食べてもいいですか?」という質問です。

答えは、食べても大丈夫です。でも注意することがあります。
矯正装置をつけた状態でお餅を食べると、装置にお餅がべったりくっついてしまうことがあります。くっついたお餅を取ろうとすると装置が壊れてしまうことがあるのです。

そのため、お餅がくっついてしまったら、冷たいお水などで口をゆすいでください。
するとお餅が固まり簡単にとることができ装置も壊れません。

矯正装置を付けていても、好きな食べ物を我慢する必要はありません。
食べ方に注意すれば、食べられないものはないでしょう。
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2006-12-22 16:52

妊娠中の矯正治療

よく、結婚したもしくはこれからしようとしている成人の患者さんに
「治療中に妊娠してしまったらどうすればいいんですか?治療は続けられるんですか?」
と質問されることがあります。

結論からいいますと、特に治療上問題ありません。

問題があるとすれば次の2点です。

妊娠中のレントゲン撮影:現在当医院で使用しているデジタルレントゲンのようにX線量が非常に少ないもので、防護服をきちんとすれば問題はないとされていますが、受診される方の気分的にはあまり良いとは思いません。治療中最もレントゲンが必要になるのは、最初の検査のときです。妊娠がわかった時点で先生にいってレントゲン撮影はひかえるようにしましょう。

もう1つがつわりです。つわりがひどい時期に装置を外す場合、リテーナーの種類を選ぶときに気をつけてください。リテーナーの種類によっては気分が悪く、使用しずらいものがあり、使用できないことで後戻りが起こってしまうことがあります。
ちなみにうちの妻がこの状態になり、現在矯正治療をしたというのに、後戻りしております。
皆さんは注意してください。
[PR]
by yamaguchi-ortho | 2006-12-02 17:06